スポンサーサイト

2014.02.13 Thursday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -

    Bubble of Happiness

    2011.11.17 Thursday 20:01
    0
      おもいっきりよくも
      小動物系小心者のわたしはいつもひとり夜中目を覚ます

      そして朝が動き出す音が聞こえるまでひざを抱え空を見つめ続ける
      夜明けを見るとなぜか安心してまたベッドに戻る

      わたしは数日前まで自分の始まりの場所に
      無我夢中であさこちゃんの助手席に座り向かっていた




      たくさんたくさんの人に出会え、たくさんの気泡のようなしあわせな時が生まれた
      そしてきょう久しぶりに夕べの音を聞いた





      作品展にご来場の皆様ありがとうございました。

      category:My home | by:mizunohatecomments(5)trackbacks(0) | -

      蝶の見せた夏

      2011.09.05 Monday 19:54
      0

        今年の夏がやってきた頃
        できる限り夢を見ながら暑すぎる陽射しを楽しみたくて
        今年は毎年使っていた簾ではなくて
        布をカーテンレールに結んだ



        そして台風で3日間曇っていた空は
        きょう力強く秋らしく空を赤く染めた
        台風に負けなかったトマトはみずみずしく色づいていた

        最近またのんびりとわたしは自然と空を見つめる日が増えた
        こんな日々を大切に思う

        category:My home | by:mizunohatecomments(0)trackbacks(0) | -

        Trip of hiccups

        2011.08.26 Friday 13:41
        0
          二人でおいしくフィリピン料理を食べた日
          彼がクルマのハンドルを切りながら
          延々と止まらないしゃっくりに顔をしかめている

          わたしのアタマは5年前の記憶の旅を始めた
          夏のイギリス
          まだあの頃はリコンファームが必要で
          格安で海外旅行をしていたわたしたちは
          ロシアの航空会社のロンドン支店を探し彷徨っていた
          やっとの思いで見つけ出した航空会社の窓口にいたお姉さんは
          しゃっくりし続ける彼に
          大丈夫?と聞くとたっぷり水の入ったちっちゃな紙コップを差し出した
          そして彼女が言う
          水をゆっくり飲むといいわ
          そして止めるための魔法のコトバのように
          Slowly slowly slowly
          と彼女はコップの水を飲む彼の横でつぶやいた
          そして彼のしゃっくりは彼女の魔法で消えた



          わたしの記憶では彼がしゃっくりしたのはそれ以来の出来事だった

          わたしは彼に言う
          イギリスを思い出したよ
          そして運転する彼に持っていたアクエリアスを差し出すと
          SLowly slowly slowly
          と魔法のコトバをつぶやいた

          次の朝
          そのコトバでやはりしゃっくりが止まった彼は自分の畑の手入れをしながら言う

          しゃっくりするたびに僕らはヨーロッパ旅行ができるね

          すばらしい
          そして彼の今年の夏の夢
          緑のカーテンは成功してもうすぐ我が家のゴーヤが食べられる




           
          category:My home | by:mizunohatecomments(0)trackbacks(0) | -

          雨花火

          2011.08.22 Monday 09:51
          0
            2年前にした約束を果たすため今年のわたしも走る

            愛知に引っ越して1年した頃
            病気で療養を言い渡されわたしは彼を家に置いて実家に帰った

            時期は8月
            彼は我が家のアパートのベランダは花火の特等席だと
            ビール片手に電話口でわたしに告げた
            彼の電話の実況中継はとてもワクワクが伝わってきたけれど寂しさも同時に伝わった

            花火の日は一緒に見よう、このベランダで

            わたしはこのコトバを胸に雨の中家路を急ぐ
            朝からラジオが伝えていた花火情報は雨天決行

            ぎりぎりセーフでベランダからふたりで眺めた花火は
            雲のなかにうつる花火だったり
            雨に流れる花火だった

            雨に花火
            こんな花火は人のココロにきっと残る



            わたしはこの日の花火を目に焼き付けた


             
            category:My home | by:mizunohatecomments(0)trackbacks(0) | -

            Seedling of the smile

            2011.06.13 Monday 13:12
            0
              彼がベランダの葉っぱを野生児のようにむしり口に入れる
              これはからし菜かなあと言いながら
              わたしにも口をあけなさいというように葉っぱを差し出す

              ベランダの葉っぱ1枚なのに
              口に運んだときの
              香り、味 、目に飛び込んでくる緑の感覚は衝撃的で
              自分が生き物であることを感じさせられる



              わたしたち夫婦には大好きな音を奏でる人が存在する

              金曜日
              わたしたちは東京の実家に彼女から送ってもらっていた苗を受け取った
              ひとつひとつに丁寧に白い旗が立っていた
              目の前にあるこの優しさがこもった苗たちを見ると
              わたしも彼も、毎日水を上げてくれていたはずの母までみんな自然と笑顔になった

              わたしたち夫婦は彼女からもらった苗木を
              彼女の奏でるひとつひとつの音のように育てられたらと思う
              口に運んだときにおいしいハーモニーを奏でる野菜
              彼女がくれたプラスのパワーを今度はわたしたちが育て人に伝えたいな






              category:My home | by:mizunohatecomments(0)trackbacks(0) | -

              イイ・エア

              2011.06.02 Thursday 11:44
              0
                強い雨音なか鳥が力強く鳴いている



                今年もサボテンの花が咲いた
                彼がきのうの夜、咲いたよと教えてくれた

                はさみで切ってマグカップに飾る

                繰り返しやってくるこういう日々がしあわせだと
                この花をみて静かに感じた


                 
                category:My home | by:mizunohatecomments(1)trackbacks(0) | -

                パクチーパクチー

                2011.05.30 Monday 09:18
                0


                  雨が降るマーケットで
                  彼の野望で買ったパクチーたちがキッチンの冷蔵庫で眠る

                  もったいないおばけが出そうと
                  パクチーだけのサラダで食べきる勇気がなくて
                  ちょびっとずつちょっとずつと料理に乗せる

                  根っこがついていたパクチーは
                  葱のようにまた伸びてこないかなあと夢を持って
                  土に埋め込んだ

                   

                  ひとくち噛むたびに香るパクチーはわたしたちに数え切れないほどの笑顔を運ぶ
                  category:My home | by:mizunohatecomments(0)trackbacks(0) | -

                  玉ねぎ侍

                  2011.05.11 Wednesday 08:27
                  0
                    彼が眠る時間が不規則のわたしに
                    突然描きだした食べごろ少し逃した玉ねぎは

                    玉ねぎ侍となりわたしを毎日見守るようになった

                     
                    category:My home | by:mizunohatecomments(0)trackbacks(0) | -

                    ハニーマスタードサンドウィッチ

                    2011.05.08 Sunday 10:00
                    0
                      彼とハニーマスタードを塗った野菜だけのサンドイッチを口いっぱいにほおばった



                      アメリカにいる間
                      1ヶ月以上日本を離れるということは
                      いやでも今の日本の現実を考えさせる

                      そしていろいろな情報が流れ飛ぶ今という時のなか
                      わたしが帰る場所は日本だと思い
                      守るべき家族や友達は日本にいて
                      ふるさとや自分の中を流れる血筋は日本人だと自覚した

                      NYで何度もAre you Chinese?
                      と観光客だとわかるたびに聞かれた
                      NO.と答えるとほとんどの人が次には
                      Are you Korean?
                      と聞く
                      昔のわたしだったら答えなかったかもしれない
                      けれど今のわたしは笑顔でI'm Japanese.と片言の英語と笑顔で答えていた

                      わたしは日本人という遺伝子に組み込まれている力強さを信じるし
                      いま目の前にある日々のしあわせを大切にしようと思う





                       
                      category:My home | by:mizunohatecomments(0)trackbacks(0) | -

                      やさしい音たち

                      2011.02.12 Saturday 12:22
                      0

                        死んだように眠ろうとするわたしの耳に
                        我が家を生活時計を正常に動かそうとする彼のやさしさが聞こえる


                        食器を洗う音
                        体温計を探す音
                        テレビの音




                        わたしはその音たちに励まされ
                        晴れたひかりの音で埋まるリビングに向かう
                        そしてお茶っぱ入りの梅オカカのおにぎりと
                        大根とワカメのお味噌汁をつくる


                        そしていつもの時間を刻む音が流れはじめた
                        この時間には支えてくれる友達達のやさしい隠し味が入ってる


                        まずはテーブルをきれいにすることから
                        彼が収穫した季節外れのトマトを写真に撮った

                         

                        category:My home | by:mizunohatecomments(0)trackbacks(0) | -

                        PR
                        Calender
                          12345
                        6789101112
                        13141516171819
                        20212223242526
                        2728293031  
                        << August 2017 >>
                        Selected entry
                        Category
                        Archives
                        Recent comment
                        Recommend
                        Link
                        Profile
                        Search
                        Others
                        Mobile
                        qrcode
                        Powered
                        無料ブログ作成サービス JUGEM