スポンサーサイト

2014.02.13 Thursday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -

    Fun to get old

    2010.07.01 Thursday 09:24
    0


      まわりに居てくれる大切なひと達に
      興味をもてば持つほど
      みんなの努力と魅力に気づく瞬間がある 

      年を重ねることはとてもおもしろい
      自分が成長できてまわりを見渡せる余裕ができるから
      そしていままで気づけなかった
      みんなのかっこいい後姿が見える



      そして自分の後姿も誇れるように前にすすもう
      category:Friends | by:mizunohatecomments(0)trackbacks(0) | -

      His important childhood friend

      2010.06.23 Wednesday 18:17
      0
        わたしのブログが書きはじめて1年たった日
        大阪で彼の幼馴染の本のトークショーが行われた



        わたしと彼女が出会った日は
        彼とはじめてデートをした日で
        彼女が2店目の洋服のお店をオープンした日だった

        突然お店がオープンしたお祝いに行くからといわれ
        場所は原宿で
        そのうえ彼が友達と紹介した幼馴染は
        とても華奢な美人で
        いまで言えばカエラちゃんのようなはなやかな女の人だったから
        気後れしてしまったわたしを今でも覚えている 
        彼女は関西弁で話す
        そして彼の名前をイントネーションの違う呼び方で
        ほんの少しハスキーな声でかわいらしく呼んだ

        わたしは彼女の作る服が好きだった
        わたしには絶対着こなせない服がお店に並んでいるが
        お店に行くたび必ず2着は一生自分の近くにいてくれる服が存在した
        そしてわたしと彼はその服を買った
        彼が唯一わたしが買ってよろこぶ服は彼女のデザインした服だった

        一着だけ彼女の作った服でなくしてしまって後悔して泣いた服がある
        わたしと彼がフランスに行ったとき
        モンマルトルのホテルでダブルブッキングされて
        違うホテルに向かう途中のタクシーに落としてしまったカーディガン
        あのとき駅から重いスーツケースを引きずり坂を上り
        やっとついたホテルで泊まれないと説明を受けた
        もういやだと、ぐったりとしている彼にコーラを頼み
        わたしは大丈夫だからと彼を励ました
        ホテルの責任者がわたしにフランス語訛りの英語で言っていた筈の
        オペラ座の近くのホテルに向かうはずのタクシーが
        延々と郊外に向かう



        着いたホテルのエレベーターにはスーツケースが2つのらず
        部屋はスーツケースが開けられないくらい狭くて
        ホテルの場所は
        やっと見つけたガイドブックのメトロのMAPにものってなかった
        そのときわたしは気付いた
        呆然としている彼にいう
        わたしのさっき着ていたカーディガンどこ?
        小さな小さな部屋でわたし達はスーツケースをかきまぜ
        むかつくモンマルトルのホテルにも電話をかけ
        タクシー会社の電話番号を聞こうとした努力もむなしく
        あの子がなくなったことを自覚しなければならなくなったとき
        泣き面に蜂とはこういうことだとわたしは彼と悟った
        彼は泣くわたしに日本に帰ったらもう一度お店で同じのを買おうといってくれた
        けれどその服は日本に帰ったときには売り切れていて
        いまもわたしの手元にはない


        photo by him2007

        わたしは彼女のことを才能に恵まれた強い人だと思っていた
        マイペースでまわりの空気に振り回されたりしないタイプの人間だと
        彼がわたしにいうコトバがある
        ゆうちゃんは僕の友達の中でいちばん弱そうに見えて強い人間だと
        わたしはその意味がずっとわからずにいた
        きっと自分しか見えていなかったからだろう
        いまではこのコトバがほんの少しわかるようになった
        そしてわたしは彼女を純粋に尊敬するようになった
        わたしと彼女は正反対の形で生きているのかもしれない
        ただトークショーに行き彼女の話すコトバのほんのちょっとのかけらと
        彼の本にサインしたコトバを見て
        わたしは帰りのクルマの中で泣いた
        ”じぶん一番古いおさななじみやで”
        こんなコトバをたぶんお互いにかけ続けられる友達がいる彼は強い
        そして20歳の頃の彼を知るたくさんの友人との思い出が
        彼のいまの自信と友達を待つチカラになっているのだろうと感じた



        彼女の突き進むチカラをわたしは応援したいと思う
        そしてあこがれる
        いつの日かまた服を作る日が来てほしいと願う
        彼も一緒に考えたというお店の名前で
        ”QFD''
        そして彼女の文章を一度読んでみてください
        元気になれるから

        http://blog.qfdshop.com/
        category:Friends | by:mizunohatecomments(0)trackbacks(0) | -

        The place where I am important

        2010.06.01 Tuesday 12:28
        0
          久しぶりに見たあさこちゃんの笑顔と
          音楽が流れ続ける時間は
          最近の無音の世界で過ごしているわたしを
          もとの世界に戻してくれていった気がした

          ふたりで楽しむお茶はいつもどおりのお茶なのに
          とてもおいしかった
          あさこちゃんやホワイトがこの家で刻まれる1秒1秒の時間を大切にしているからだ



          お母さんがくれたヤツガシラが
          あさこちゃんの家でも芽を出している

          小さなパワーがいろいろな大切にしてくれる場所で育っている
          とてもすてきなことだと思う

          また一緒にお酒を飲みましょう、ホワイト
          ホワイトと飲むお酒はとてもプラスのパワーをもらえる気がする



          お母さんのヤツガシラをふたりの大切な時間のなかに入れてくれてありがとう
          category:Friends | by:mizunohatecomments(0)trackbacks(0) | -

          Thing, it which I want to eat now are ice cream

          2010.05.10 Monday 15:42
          0
            きょうの昼間に愛知に帰ろうと思っていたのに
            きのう久しぶりにみやちとバルに会い
            安心してリラックスしたら
            張り詰めていた糸が切れて
            晩に熱が出た



            祖母の様態も少し悪くなった
            と電話で聞いていたから 
            その心配も重なったのだろう

            熱を出したわたしに母が言う
            水分をとりなさい
            これは小さい頃からの母の口癖だ
            そしてテーブルにはトマトがならぶ

            小さい頃
            夏のおやつにトマトばかり食べさせられていたわたしは
            いまではトマト嫌いだ
            けれど母がトマトを風邪だからと言って切ってくれたやさしさが入っているから
            わたしはむかしのように砂糖をかけて食べてみた
            懐かしい味だった
            もう一生分食べたというマイナスな気持ちが調味料になければおいしいの

            おいしいのに嫌いな食べ物
            誰にでもあるはず

            わたしはきのうみやちの家で食べたアイスクリームが
            とてもおいしかったことを忘れない
            いつも食べているアイスなのに120%おいしく感じたから

            熱のあるボーっとしているいま
            もう一度あのアイスクリームが食べたくってしかたがない

            category:Friends | by:mizunohatecomments(0)trackbacks(0) | -

            DJ which is in love

            2010.04.12 Monday 01:42
            0

              突然ひとりだと寂しさを感じる空気と
              好きな音楽を口ずさみながら踊る楽しすぎる瞬間が共に存在するクラブ




              夜を突っ走り朝を迎えるときの
              気だるい静かな朝を
              とてもわたしは好きだ
              そしてたくさんの物語が一晩の間に生まれる
              ひかりにかこまれた空間は宇宙みたいに不思議だと思う




              ただ昔からミラーボールが苦手で体力がない最近のわたしは
              クラブでALL過ごせる日は減った
              今日のまりちゃんとあっきーとなつかしい仲間と過ごす時間は
              みんなの優しさがつまってて
              朝を久しぶりにクラブで迎えられた



              歳を重ねれば重ねるほど楽しい時間を過ごせる大人になりたい

              category:Friends | by:mizunohatecomments(0)trackbacks(0) | -

              The gyoza which gives love

              2010.04.04 Sunday 13:33
              0
                きのうの晩
                我が家で写真展の打ち上げをした
                わたしが最近こだわっているギョーザパーティーを開くと言っていたから

                3日間で終わる写真展は思ったよりかhardで
                みんなと飲みに行く時間がなかった



                包み物はなぜか温かい気持ちも包まれる気がする
                ギョーザとビールで気取らず
                大切な友達をもてなしたかったからギョーザパーティーと名づけた

                ギョーザの具作りでいっぱいのわたしを手伝いに
                早くからあさこちゃんが手伝いに来てくれた

                メニューは包み物をメインに
                えびワンタンとか生春巻き、そしてギョーザ

                いちばん最初にきた長谷川君はわたしに慣れない生春巻きを包まさせられていた
                みんなにジョン・メイヤーと呼ばれる10個近く若い長谷川君は頼りになる弟分だ



                あさこちゃんの持って来てくれたサラダとポテトグラタン、
                そしてあさこちゃんの手で包まれた全部で200個くらいで9人みんなのお腹はいっぱいだ

                きのう我が家に集まってきてくれたみんなは
                愛知にわたしたちが来てからずっと支え続けてきてくれた友達
                去年の夏の大変な時期もみんなとても親身に相談に乗ってくれた
                みんながいるからわたしたちは愛知に居つづけられる、ありがとう



                わたしはそんな大切な友達が自然と集まる家を目指してる

                あさこちゃんにいちばん感謝したいのに
                いつも隣で自然と手伝ってくれてどうもありがとう



                きょうの朝はとても気持ちのいい朝だった




                 
                category:Friends | by:mizunohatecomments(0)trackbacks(0) | -

                The family who is not connected of the blood

                2010.03.15 Monday 14:00
                0

                  みやちが
                  展示から手伝いに来てくれて
                  我が家で過ごしていった時間は
                  わたしたち夫婦にとって
                  とても濃密な大切な記憶の引き出しに入れた



                  たくさんんの食事をがーっとお腹につめこんで
                  3人で映画を見られたこと
                  あの時間は印象的だった
                  それもあの作品は3人にぴったりだったと思う
                  作品展の真っ最中に朝の6時過ぎまで語り明かしたこと
                  彼に一晩中おきてたの?僕はもう眠れないよって笑われたこと
                  我が家にドライヤーがなく
                  ストーブとエアコンを呼ぶみやちが
                  エアコンでがんばって髪を乾かしていたこと



                  みやちが東京に帰り
                  彼がポツリとわたしにつぶやいた
                  「みやちがいなくなって寂しいんでしょう?」
                  とても図星で彼もきっとココロの中で自分も思ってたから出た言葉だと思う

                  個展最終日の朝
                  彼が言う
                  ゆうちゃんみやちのタンカン食べなさい、きっとチカラになるよ



                  みやち我が家にまた帰っておいで
                  みやちはきっと家族だから
                  わたしたち夫婦にとって

                  そのときはダストアレルギーのみやちに掃除機をもっといいものを買うから
                  そしてドライヤーを調達しておくよ

                  category:Friends | by:mizunohatecomments(0)trackbacks(0) | -

                  An unrewarded drudge

                  2010.03.15 Monday 13:05
                  0

                    わたしの個展の
                    縁の下のちから持ちはあさこちゃんだった

                    あさこちゃんとわたしの出会いは
                    アンティーク屋さんのカフェのスタッフとしてだった

                    お店をやめても
                    あさこちゃんはわたしにとって初めての対等な友達として近くに寄り添ってくれた
                    愛知に来てわたしは友達の作り方接し方を覚えられた
                    たぶんわたしたちは似ているんだろう
                    あさこにゆうこ
                    運命的な名前だ

                    わたしにとってふたりでごはんに行き
                    のんびり緊張しないですごす時間これは宝物だ



                    この個展で
                    あさこちゃんにはカフェをやってもらった
                    あさこちゃんのお菓子にかける情熱はとってもすごかった
                    毎日マカロンを焼き続けおいしさにこだわり
                    最後は時間も忘れ徹夜をしてこれは出せないと決めるココロ
                    そして1個づつラッピングにも美しさを求めるあさこちゃんのうしろ姿に
                    わたしはもちろん近くで見守っていたホワイトもきっと
                    芸術家のうしろ姿を見たと思う
                    わたしはこの今回の個展は
                    ふたり展だったとおもう
                    photo by Yuko
                    Food by Asako
                    は本当だ

                    わたしの個展に来て
                    あさこちゃんの入れるコーヒーとお茶は
                    きっとお客さんのココロをやさしい気持ちにしてくれたはずだ



                    この3日間のたぶんわたしたちの会話は
                    いままででいちばん少なかったけれど
                    あさこちゃんがキッチンの中にいてくれたから安心できた

                    こんなわたしをこれからもよろしくお願いいたします
                    そして大切なあさこちゃんとの時間をわたしにくれて
                    Thank you White!

                    たくさんのチカラをくれてあさこちゃんありがとう

                    category:Friends | by:mizunohatecomments(2)trackbacks(0) | -

                    The morning of the private exhibition

                    2010.03.13 Saturday 01:30
                    0

                      いつもよりナーバスな朝
                      個展の手伝いに来てくれた
                      みやちのうしろ姿を見て
                      ああ、いい朝だって思えた



                      てんぱっていたわたしを
                      落ち着かせたのはみやちのうしろ姿







                      category:Friends | by:mizunohatecomments(0)trackbacks(0) | -

                      A dream in the days of the university

                      2010.02.17 Wednesday 07:06
                      0



                        大学のころからの目標があった

                        自分の着る服を自分らしく着れること
                        わたしは33歳になり
                        やっと最近自分らしい服を選べるようになり
                        その服に追いつけるようになった

                        いまの目標は
                        たくさんの服の山の中からでも
                        その服を見つけ出せるチカラを持つこと

                        自分らしい服を選べるって
                        なんか自分がそのときそのときの自分のあり方探しな気がするんだ
                        だから一生の目標なのかな

                        category:Friends | by:mizunohatecomments(0)trackbacks(0) | -

                        PR
                        Calender
                             12
                        3456789
                        10111213141516
                        17181920212223
                        24252627282930
                        << September 2017 >>
                        Selected entry
                        Category
                        Archives
                        Recent comment
                        Recommend
                        Link
                        Profile
                        Search
                        Others
                        Mobile
                        qrcode
                        Powered
                        無料ブログ作成サービス JUGEM