スポンサーサイト

2014.02.13 Thursday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -

    The world that suites the blue eyes

    2010.08.11 Wednesday 10:17
    0


      朝起きて目が合った
      バルの目はとてもきれいなカーブを描き
      透きとおった青い目をしている

      痛いお腹と付き合いながら
      静かにバルに話しかけていた

      バルの目を見ながら考える



      大切な友達も旦那さんである彼も
      とても近くに感じすぎるけれど
      他人だから壊れやすく繊細な関係で
      いちばん難しいし大切に育てていかなけらばならない
      だからこそ大切な人が思いやってくれるコトバも行動も
      すべて気づいたときにやさしい声や目、すべて記憶される

      こんな大切なこと、気づく年齢が遅すぎるけれど
      気づければいまからはじめられる


      果物屋さんのおじさんに
      この桃おいしいの?どっちのほうがおいしい桃?

      何度も何度も確かめた桃をみやちがなれない手つきでわたしの目の前で剥いている




      バルの目のなかにはいつも大切に思う人が見える

      category:Friends | by:mizunohatecomments(0)trackbacks(0) | -

      スポンサーサイト

      2014.02.13 Thursday 10:17
      0
        category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -
        Comment








           
        Trackback
        この記事のトラックバックURL

        PR
        Calender
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << May 2017 >>
        Selected entry
        Category
        Archives
        Recent comment
        Recommend
        Link
        Profile
        Search
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM