スポンサーサイト

2014.02.13 Thursday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -

    赤い星、青い星

    2012.02.17 Friday 10:21
    0
      自転車をこぎながら見上げた星空に
      ゆっくりと見つめると星が赤いことに気づき
      そういえば赤い星、青い星を小学校で習ったことを思い出す

      そんな夜空に
      自分の手のひらから
      気づかぬうちに少し少しと自然とこぼれていってしまったやさしい時のながれを
      これからちょっとずつでも大切にしようと微笑んだ

      その数日後彼はふたりで歩く夜空を見ながら言う
      きょうは新月だよ
      わたしはどこからそんなこと知るの?と笑う
      でも月の見えない夜に浮かぶ雲はすごく明るく見えたんだ


      category:Friends | by:mizunohatecomments(0)trackbacks(0) | -

      魚と鳥

      2011.01.21 Friday 17:56
      0
        海を見つめながら安心出来る大切な友達とご飯を食べた



        おいしいものを美味しく感じていること
        いつの間にかいつもよりたくさん食べている自分に気付く

        店内のひかりが動く
        空が鳥たちの軽やかに力強く飛ぶエネルギーで埋まっていた
        魚の大群が泳ぐ水のなかと
        空を飛ぶ鳥の群れはなんとなく似ていて
        安らかな気分で一日が終わりに近づく音がする




         
        category:Friends | by:mizunohatecomments(0)trackbacks(0) | -

        Make a thing with two people

        2010.12.14 Tuesday 18:40
        0
           くるりの音楽がながれる映像を
          リノベーションした懐かしい小学校なか
          みやちと二人ほんの少し背の高いペパーミント色のイスに座って
          見つめながら
          短くて長く感じる時間を過ごした



          この濃密に詰め込まれた1週間を忘れることはないだろう
          category:Friends | by:mizunohatecomments(0)trackbacks(0) | -

          夕暮珈琲

          2010.11.05 Friday 10:48
          0

            太陽が落ち始めたスターバックスで
            隣にいるみなちゃんが1年前とは違う響きの声で言う

            夜ふと手を見るとね、この手が大きくなっていることに気づくの

            とても印象に残るやさしいコトバだった



            人と出会い、人を知りたいと思うことは
            失望することも多いけれど
            それよりも人の魅力に気づき尊敬できる瞬間が多いことのほうがうれしい

            category:Friends | by:mizunohatecomments(2)trackbacks(0) | -

            ワタシノナツノオワリ

            2010.10.31 Sunday 22:42
            0
              わたしの夏だったトリエンナーレがきょう終わりを迎えた



              たくさんの人と出会い
              たくさんの作品を見た

              人が創れるものの可能性を知り
              作品を作るものとして
              たくさんの自信を失い
              たくさんの勇気をもらった



              3年後
              わたしはもっと成長していたい

               
              category:Friends | by:mizunohatecomments(2)trackbacks(0) | -

              Dear my friend

              2010.10.01 Friday 19:08
              0


                彼女と過ごす一瞬一瞬が大切な時間で

                ちいさなパウンドケーキに生クリームをなだらかに乗せて
                最後の一切れをしあわせそうに口に運ぶ姿を見ると
                時間がゆるされるなら
                久しぶりに夜ふたりで音楽を聞きたいと思ったの



                 
                category:Friends | by:mizunohatecomments(0)trackbacks(0) | -

                My treasure from Miyachi

                2010.08.29 Sunday 22:22
                0
                  みやちからのひと足はやく届いた誕生日プレゼントを開けた

                  わたしを描いてくれた絵

                  わたしが大好きだった部屋の
                  家具たちもライトも
                  最近わたしのココロの鏡のように
                  トーンダウンして見えていた

                  みやちの絵を白いソファのうえに飾った
                  そうしたらにごって見えていた部屋が息を吹き返したように見えたの

                  絵と額の色のやさしさとガラスに反射する世界がきれいな音を奏る



                  誕生日まで待たず、はやく誕生日プレゼントもらってよかった
                  ありがとう、みやち
                  category:Friends | by:mizunohatecomments(0)trackbacks(0) | -

                  Her figure to describe a painting in

                  2010.08.14 Saturday 14:21
                  0


                    わたしが食べたがっていた
                    彼女の小説の中のアップルパイのタルタルをふたりで食べた
                    パイを程よい大きさの包丁でざくざく切っていく
                    ひとくち口に入れると胡桃がかりっとしていて
                    これからアップルパイはタルタルだと思うくらいおいしかった
                    1ホールをふたりで半分っつ
                    それはとても大きなノルマでおいしいタルタルも途中で飽きた
                    けれどアップルパイはこれからはタルタル
                    わたしはアタマの中でタルタルを発明した彼女を尊敬する

                    アップルパイを食べ終わると
                    彼女は絵を描き始める
                    片目をつぶり
                    鉛筆を縦と横でバランスを図るために何度か十字を切る
                    その片目をつぶり少しだけいつもよりゆがむ彼女の顔が、描く姿が
                    いままで見た彼女のなかでいちばん好きな中性的な人だった

                    わたしは世界が自分が中心にまわっていると思う人間なのだろうけれど
                    彼女を見ていると違う生き方を目指したいと
                    階段を一段のぼろうとする



                    ほとんど出来上がった絵を見ながら
                    トイレに向かった彼女がいない部屋で静かに泣いた

                    だってわたしの顔を描いたその絵はとてもきれいで
                    とてもすっきりと凛としていて
                    彼女の目にこんなふうにうつっているわたしがいるのだったら
                    わたしは自信を持って生きていこうと思えたんだ
                    category:Friends | by:mizunohatecomments(2)trackbacks(0) | -

                    The world that suites the blue eyes

                    2010.08.11 Wednesday 10:17
                    0


                      朝起きて目が合った
                      バルの目はとてもきれいなカーブを描き
                      透きとおった青い目をしている

                      痛いお腹と付き合いながら
                      静かにバルに話しかけていた

                      バルの目を見ながら考える



                      大切な友達も旦那さんである彼も
                      とても近くに感じすぎるけれど
                      他人だから壊れやすく繊細な関係で
                      いちばん難しいし大切に育てていかなけらばならない
                      だからこそ大切な人が思いやってくれるコトバも行動も
                      すべて気づいたときにやさしい声や目、すべて記憶される

                      こんな大切なこと、気づく年齢が遅すぎるけれど
                      気づければいまからはじめられる


                      果物屋さんのおじさんに
                      この桃おいしいの?どっちのほうがおいしい桃?

                      何度も何度も確かめた桃をみやちがなれない手つきでわたしの目の前で剥いている




                      バルの目のなかにはいつも大切に思う人が見える

                      category:Friends | by:mizunohatecomments(0)trackbacks(0) | -

                      A sincere smile

                      2010.07.11 Sunday 15:31
                      0


                        プールで初めて出会ったときから
                        いっちんの笑顔が大好きだった

                        きっと人と出会い
                        関係を築いていくことは
                        いっちんがメニューノートの皮ひもをこんなだったかなって
                        丁寧に結びなおしていたようなことだと思う



                        わたしはひとつひとつの出来事を大切に出来なかったりするかもしれない
                        知らないうちに傷つける瞬間もあるだろう
                        けれど、いっちんの笑顔をシャッターに切れたことがうれしかったの
                        わたしは人の笑顔をこんなにまっすぐ撮れることは少ない
                        きっといっちんの笑顔は照れとかなくまっすぐ笑っている瞬間が多いからだろう

                        そして1日の最後には
                        たくさんのたくさんの
                        ふたりで見た色の残像をアタマに思い浮かべた

                         

                        category:Friends | by:mizunohatecomments(0)trackbacks(0) | -

                        PR
                        Calender
                           1234
                        567891011
                        12131415161718
                        19202122232425
                        2627282930  
                        << November 2017 >>
                        Selected entry
                        Category
                        Archives
                        Recent comment
                        Recommend
                        Link
                        Profile
                        Search
                        Others
                        Mobile
                        qrcode
                        Powered
                        無料ブログ作成サービス JUGEM